主要地方道広島湯来線・沼田〜湯来


 県道広島湯来線は、広島市西区で国道2号線より分岐し、山陽道五日市I.C.入口から安佐南区沼田町を経て、広島市佐伯区湯来町へ至る県道で、沼田町と湯来町の間にある不明(あけず)峠を挟んだ区間はほとんどが未改良のままととなっている。
 ちなみに広島市中心部から湯来町へは、国道2号線〜県道五日市筒賀線〜国道433号線というルートが一般的で、県道広島湯来線を全線通って行く人はまずいない。



 アストラムライン伴中央駅の北側交差点を左折し、奥畑を経て桜ヶ峠を越えて吉山までの間は、道路改良が進んでいる。憩いの森への分かれの手前にわずかながら未改良区間が残っているが、ここも工事中の看板とともに重機が置かれており、改良工事が進められている。桜ヶ峠を挟んだ区間が改良済となるのも、そんなに先のことではなさそうだ。


 桜ヶ峠を越えて、沼田町吉山に出ると、県道久地伏谷線と合流する。しかし、ここから湯来へ行こうとした場合、役場のあった町の中心部へは右折して県道広島湯来線をたどるのではなく、左折して国道433号線へ出たほうが時間的に早い。交差点に建つ案内標識も、左折側に湯来の文字がある。



 吉山川に沿って続く細長い集落の中を進んでいき、「←麦谷」というローカルな地名が行先となっている案内標識が建つ交差点を左折して、不明峠へ上っていく。交差点の角には、材木が積まれている製材所がある。



 左折した先に架かる短い橋を渡ると、峠へ向かってまっすぐに未改良の道が続いている。右手の山一帯がゴルフ場となっている戸山カンツリークラブの進入路分かれまではゴルフ場へ出入りする人がこの道を利用するので、車の往来もいくらかはある。



 林道三王原線がカーブのところで右へと分かれていった先に、沼田町側最後の家がある。1.5車線幅ほどの道が続くのもつかの間、道路左手に古い墓があるところで、1車線幅に絞られる。




 道路右側の山を削ったモルタル吹付の法面の下を通った先は谷を埋めた盛土の上が道路となっている。そこから上流側の林の中には、ドウドウと音を立てて水が流れ落ちている大きな砂防堰堤が垣間見える。



 植林が行われている山の斜面の上に建設会社の作業場があり、その先へと進んでいくと、金網で覆われた法面とともに、速度制限
30km/hここからの道路標識が建っている。



 山の斜面を削った掘割の中に道が続く区間を抜けると、大きな左カーブの箇所だけ、前後とは不釣合いな感じで拡幅されている。



 さらに続けてカーブがあり、カーブで坂道の向きを何度も変えながら、山の斜面をジグザグに登っていく。




 カーブに設置されたガードレールの外側に立木がなく、東側へ向けての視界が大きく開けている箇所には、見通しがきくからだろうが、山の頂上でもないのに、道路のほとりに国土地理院の四等三角点が設置されている。


 ヘアピンカーブの続くこの峠道に来る走り屋対策なのか、路面に凸凹が作られている箇所が2箇所ある。この前後は1.5車線幅ほどの幅員があり、あまり走りにくさを感じることはない。



 制限速度30km/hここまでの道路標識があり、はるか上空に通る高圧線を見て坂道を登っていくと、両側の山を掘り下げて切り通しとなった不明峠の頂上に到着する。峠の頂上は、安佐南区と佐伯区の区境となっており、区名を書いた標識が建っている。湯来町側の山林は国有林となっているようで、広島森林管理署の建てた看板類があちこちにある。



 道は下りに転じるが、峠を挟んだ区間で工事がされたのか、意外にも道幅の広い道が続いている。路側に建つ路線番号標識の柱に貼られていたシールから見ると、工事が完成したのは昭和55年度だろうか。落石防止柵の先でモルタル吹付の法面がなくなり、道幅も1車線あまりの道幅となる。




 道路右手の林の中からは、水の流れる音が聞こえてくる。峠の頂上から大して下っているわけでもないのに、山から集まった水が川となり流れており、路面に消えかかったセンターラインの残る橋でその川を渡る。橋名板を見ると、川の名前は不明谷川、橋の名前は不明4号橋となっている。
 なお、橋の手前からは恵下山林道が左へと分かれている。



 不明4号橋の架け替えに伴う改良区間はすぐに終わり、その先は1車線幅の未改良区間となる。道幅は狭いものの、川の作った谷沿いに進んでいくので、カーブは峠への登りの区間に比べて緩やかになっている。



 昭和40年代に架け替えられた不明3号橋と2号橋で川を2回渡った先には、災害復旧で施工された新しいブロック積の護岸が現れる。この先、川と並行する箇所にはこうした護岸があちこちにある。


 その先に架かっている橋だけはなぜか架け替えられずに古いまま残っている。第三号橋という名前で、昭和22年に架けられたとあるので、もう60年以上経っていることになる。



 むき出しの斜面からの崩土を止めるために方塊ブロックが置かれている先には、これも災害復旧によるものだろうが、山側・川側ともブロック積が施工されており、ここだけ異様に道幅が広くなっている。



 切り立った斜面に挟まれた狭い谷を右手に流れる川とともに下っていく。道路右側に生えている杉の大木の根元には古びた祠があり、山仕事をする人が祭ったものと思われるが、半ば放置されている状態となっている。


 不明橋という短い橋で川を渡り、道路は川の右岸側へと移る。道路の左側に平場があり、反対側の山手には高さ1mあまりの低い石積みがある。左手の山から集まってきた水が名もない滝となって流れ落ちてきている。



 再び川を渡る橋が架かっているが、この橋は門出橋という名前で、この辺りの地名を冠した名前のようだ。橋を渡った先は廃田に杉を植えたのか、川側の平場に細い杉の木が多数生えている。



 道路の対岸に広がる杉林の側にも、新しいブロック積の護岸が施工されており、いよいよ人里が近くなってきた感がしてくる。カーブを曲がった先には、養魚場の建物が建っている。



 養魚場の横を過ぎると、数軒の民家が目に入ってきて、門出口という名前の集落へ入る。道幅も広くなると、水内川が前方に流れており、麦谷橋が架かっている。


 麦谷川を渡った先には国道433号線が通っており、国道との交差点が県道広島湯来線の終点となっている。


戻る