一般県道小河原志和線・小河原〜志和


 県道広島中島線を北上し、広島東インターチェンジの前を通り過ぎると、広島市東区から安佐北区へと入る。広島県緑化センターへの案内標識が建っている、信号つきの交差点を右斜めの方向へと分かれる道が、県道小河原志和線である。



 山の北斜面に機械工場などが沿道のところどころに建てられており、その中を進んでいく。沿道で一番奥に建っている工場の横を過ぎると、山陽道の橋が目の前に架かっており、その下をくぐる。



 橋をくぐった先、左手には倉庫があり、そのすぐ先で、広島県緑化センター・緑化植物公園への進入路が分かれている。ここまでは未改良ながらも、1.5車線ほどの道幅が確保されていたが、この先からは急に道幅が狭くなり、等高線の凹凸にあわせたカーブの多い道となる。


 右へ、左へとカーブを曲がり、突然何の前触れもなく道幅が広がったかと思うと、再び山陽道の橋が目の前に現れる。どうやらこの区間だけは、山陽道の建設にあわせて道路改良工事が行われて拡幅されたようだ。



 その橋の下をくぐった先で、山陽道の北側へ出たのもつかの間、Uターンするような形でカーブして、今度は山陽道の上を陸橋で越える。陸橋の上からは、山陽道を走る車の様子がよく見える。



 陸橋を渡り終えると、すぐに道幅が狭くなり、もとの未改良の道となり、雑木林の中を進む。



 県道がつけられている山の斜面の下、谷にあたる部分には鍋土峠という名前の峠を通る道があるのだが、なぜわざわざこのような山の斜面に、カーブだらけの線形の悪い道路を県道として作ることになったのか、そのいきさつはよく分からない。



 薄暗い雑木林の中の道を走り続けていくと、進行方向の前方が明るくなったかと思うと、案内標識が建てられている、林道との交差点に出る。


 この案内標識で、志和へ続く道として書かれている道は林道で、県道の続きは進入禁止の標識が書かれている道のほうである。また、案内標識とは別に、この先が行き止まりであることを予告する標識も建てられている。


 県道の続きの部分には、道路を封鎖する形でガードレールが設置されているが、ビームの一部は外れてしまっており、周囲には不法投棄のゴミが散乱している状態となっている。ここからは車で入れないので、徒歩で奥へと入っていく。



 封鎖された先には、未舗装の道が続いており、雑草や雑木が生い茂っている。進行方向の左の谷側にはガードレールが設置されている区間もあり、この区間でも、あとは舗装だけというところまで工事は出来ていたようである。



 山側の法面からの崩土や倒木、落ち葉などの堆積物が路面を埋めており、荒れ放題と言うよりも自然に帰りつつあるという状態の道を歩いていく。


 林道との交差点から10分ばかり歩いたところで、ここまで歩いてきた道が突然途切れる。山の斜面で続けられた県道の工事もここまで進んだところで中止となり、現在に至っているようだ。
 この先はただの雑木林で、とても歩いて抜けるような状態でなく、これ以上奥に分け入っても何もなさそうなので、やむを得ず、今まで来た道を引き返す。



 案内標識に従って、林道へ入って谷を下りていくと、志和トンネルに入る手前の山陽道の高架橋の下をくぐる。志和へ向けての案内標識が交差点にそれぞれ建てられているので、それに従って進んでいく。



 湯坂峠へと向かう途中に片側1車線の道幅に改良された区間もあるものの、最後の登りの区間は1車線余りの道となっている。道路を作る際にわずかながら切り下げられている湯坂峠の頂上へ到着。なお、国土地理院の地形図によると、広島市と東広島市との市境は、ここから東へ少し下りたところとされている。



 今度は、通行不能区間を挟んで反対側、終点である東広島市志和町から、県道小河原志和線へと入ってみる。
 県道瀬野川福富本郷線が、県道志和インター線との交差点を過ぎた先に、東広島市園芸センターへの案内標識が建てられている交差点を左へと入る。交差点の脇には、この先大型車通行不能との標識が建っているが、東広島市園芸センターへの市道が分かれるところまでは、改良済みの道路となっている。



 未改良区間へと入り、小野川という小さな川を渡り、なだらかな坂道を登っていく。小野池というため池の横を通り過ぎた先には、西志和農園という名前の福祉施設がある。


 西志和農園の前を過ぎると、再び、この先大型車通行不能の標識が建っている。



 途中、左手へと未舗装の道が分かれているが、この道はチェーンで封鎖されている。地形図ではこのあたりが市境となっており、この分かれのすぐ先には、林道の標識が建てられているので、県道の区間もここまでだろうか。ここから、あと200mほど登った先が、湯坂峠の頂上である。


戻る