一般県道古屋吉田線・白木〜吉田



 広島市安佐北区白木町の県道大林井原線から県道古屋吉田線が分岐、起点となる交差点の様子。栄堂川沿いに、東進してきた県道大林井原線が、川に沿う形で緩やかに右カーブするところを、左手の支流沿いに分かれる一車線幅の道が、県道古屋吉田線である。なお、道路右端の擁壁の上に、「魚切の滝」と記した木製の案内板があり、交差点先に建つ民家の横の小道から河原に下りると、落差4mほどの滝を見ることができる。


 交差点を曲がった先は、この先1km先車両通行止の予告標識が建っている。



 交差点から入ってすぐのところにある資材倉庫の横を過ぎると、あとは休耕田のような水田が川沿いに続いている。そして、ほどなく杉林の中へと入っていく。



 昼でも薄暗い杉林の中を進んでいくが、道路の真ん中には苔が生えており、湿った路面は荒れて、車のタイヤの跡が残るような状態となっている。道路右手の杉林の中には、高さの低い古い石積みが残っており、昔は耕作されていた水田が放棄され、そのあとに杉を植えたようだ。



 左手の山へと分かれる林道との分岐を過ぎると、対岸へと渡る水呑橋という名前の短い橋が架かっているが、橋を渡った先は荒れた杉林があるだけで、道が続いているようには見受けられない。



 以前は水呑橋の先は柵で封鎖されていたが、今回は柵がないので、奥へと続く道を進んでいく。重量制限2tの標識が建った新しい橋が架かっている。(ちなみに標識には「58年度 広島市」のシールが貼ってあり、古い橋を架け替えたようだ。)



 橋を渡った先からは、古い舗装も流されてしまったのか、砂利道に変わり、ますます路面は荒れていく。道路右手の山すそには、県営林大谷山事業区との看板が建っている。



 横を流れる川が大雨により氾濫したようで、道路と川沿いの林も、あちこちに流された跡が見られる。奥へ奥へとと続いてきた道は、車を転回させるためなのか、広場のようになったところで突然途切れる。


 その先は杉の倒木が多数ある沢が続いているものの、奥へと続く山道らしきものは見い出せず、残念ながら白木町側はここで撤退することとした。



 今度は、県道古屋吉田線の終点側である、安芸高田市吉田町に回ってみる。国道54号線が江の川を渡る新可愛橋の南詰交差点を、川の下流方向へと分かれ、堤防の土手の上を続く道が県道古屋吉田線である。


 なお、新可愛川橋のすぐ上流にある旧国道の可愛橋のたもとには、古屋吉田線のものと思われる7kmのキロポストが残っていた。


 新可愛橋の下流に架かる桂橋のたもとを右折し、南下していく。右折した先には、この先2km車両通行止の予告標識が建っている。



 道路沿いに点在する民家と田畑の中を進んでいき、横山という名前の集落に入ると、改良済みの道路が続いている。途中、道路左手の山すそには、夜泣きに願力があることから夜泣き地蔵とも呼ばれている、入道迫地蔵が祭られている。この地蔵は、江戸時代(1770年頃)に愛児を亡くしたお遍路さん夫婦が、慰霊のために建立したものだそうだ。



 集落の南端近くで改良済みの区間は終わりとなり、川の対岸には民家が見えるが、そちらへは行かずに山すそを進んでいく。モルタル吹付の法面の下には、4kmのキロポストがあり、可愛川橋のたもとから3km進んできたということになる。




 道路右手下の川沿いのわずかな平地に作られた水田を見ながら、谷間に続く道を進んでいくが、右側が土で埋められて大きな広場となっているところで舗装が途切れる。奥へは休耕田となった水田が続いており、前方の山は木が切られて、斜面の形がはっきりと分かる。



 さて、手元に持っている地図では、舗装が途切れたところから左の山へと入っていく小道が書かれており、山道らしき形が見て取れるので、そこを登っていく。



 しかし、山道を登り始めてほどなく、先ほど下から見えた山肌には植林がされているようで、苗を守るためか、周りにぐるりとフェンスが張り巡らされており、その先へは入れなくなってしまっている。見たところ、フェンスの先にもまだ山道は続いているようだが、残念ながら吉田町側もここで撤退。


戻る