一般県道新山府中線・駅家〜新市




 県道新山府中線は、福山市駅家町から福山市新市町を経て、府中市高木町へ至る県道。
 福山市駅家町にある服部大池の少し北、新山橋のたもとで県道坂瀬川駅家線から県道新山府中線が分岐する。交差点の脇には、「これより3.8km先通行不能」と書かれた古びた予告標識が建っており、その先へ道幅1車線あまりの狭い県道が続いている。



 横を流れる助元川に沿って、緩やかな登り勾配となっている道を進んでいく。集落からいったん外れた先に、お地蔵さんが鎮座しているお堂があり、そこから左へと市道が分かれている。新市・府中方面へは左折して市道へ入るように案内されている。




 奥へと進んでいくと、狭い谷あいにある新造、仲間という名前の集落へと入る。川べりのわずかな平地を田畑にしているため、民家は山の斜面のところどころにへばりつくように建っており、県道はその中を進んでいく。



 県道沿いに点在していた民家が途切れて仲間の集落から抜けると、道の両側に続く林の中を進んでいく。県道から左へと分かれる市道との分岐では、やはり新市・府中方面は左折と案内されている。




 市道が分かれた先には、福山市駅家町側の県道沿い最後の集落となる峠の集落がある。十軒ほどの民家が建ち並ぶ中を通り抜けると右手に神社があり、その先で道が二股に分かれている。左側の上り坂道のほうが県道の続きで、右へと続く市道は蛇円山へと続くと案内されている。県道の右側路肩には、「これより通行不能」と書かれた標識が建っているが、まだその先へも道は続いている。



 峠の集落から県道とは反対側の山の斜面を進んできた神社の参道が斜めに交差しており、県道の右側には明治三十二年と刻まれた石造りの鳥居が建っている。そのまま直進するとほどなく峠の頂上へとたどり着き、その先は谷へと向けて下っていく坂道となる。



 下りの坂道が終わりに近づくところで、何故か部分的に道幅が広くなっている。もとの1車線幅の道に戻った先で、右へと続く道が分かれた先は急勾配の下りとなっており、狭い谷あいに作られた棚田の中を横切って、谷の反対側の山裾へと出たところでアスファルト舗装が終わり、谷沿いに続く道はコンクリート舗装となっている。




 T字状にコンクリート舗装の道と交わっているその先は、水路に蓋が掛けられており、山の斜面が削られてそのまままっすぐ進めるようになっている。そこを歩いて上がってみると、すぐに切り通しとなった峠の頂上となっており、ここが駅家町と新市町との町境になっている。西の方向を見ると、神谷川沿いの平地に新市町の町並みが見える。
 その先へまっすぐ県道が続いているはずなのだが、下りの急斜面に生い茂る笹に行く手を阻まれ、とても歩いて下りれる状態にないため、ここで駅家町側からの探索は終了とした。




 さて、今度は福山市新市町側へと回り、県道新市七曲西城線と県道新山府中線が合流する宮内中交差点に移動する。県道新山府中線は、ここを右斜め、北東の方向へと分かれていく。
 交差点の手前右手には御池という池があり、県道を挟んだ反対側には、吉備津神社の境内へと参道が続いている。吉備津神社は備後国の一宮と称された神社で、806年の創建と伝えられている。現在の本殿は江戸時代に建てられたもので、国の重要文化財に指定されている。



 1車線あまり幅の狭い道の両側には、民家や事務所などの建物が建ち並んでいるが、進んでいくに従って次第に田畑も見られるようになる。



 神谷川の右岸近くを通る南からの市道と斜めに交差し、神社の横を通り過ぎて、新市中央運動場の案内看板がある三差路を右へと曲がる。



 神谷川に架けられた藤ノ森橋という名前の古いコンクリート製の橋を渡って、川の左岸側へと移る。緩やかな坂道となっている県道は、民家と田畑が入り混じった中を進んでいく。



 製材所の横に、新市中央運動場の案内看板が設置されており、その看板の指す左へと曲がる。運動場への入口を通り過ぎると、紺屋池というため池のほとりを進んでいく。



 ため池の先で道が直進と右折の二つに分かれており、ここを右折するほうの道が県道となっている。角にある家の軒先で作業をしているおばさんが、「どこへ行かれます?右は服部へ続く道じゃけど、もう通れんかもしれんよ。県道じゃけ、工事をしとる奥のため池のほうまでアスファルトはかけてあるけどね。」と親切に教えてくれた。「行けるところまで歩いて行ってみます。」と答えて、山裾に続く道を進んでいく。




 県道沿い最後の民家の家の横を過ぎると、横に続いている田畑から離れて次第に標高を上げていき、一段高い斜面の中ほどに付けられた道を進んでいく。おばさんが言ったとおり、工事中のため池があり、その手前でアスファルトの舗装が途切れる。その先で、さらに上の山手のほうへと分かれていく急な坂道が県道の続き。



 土がむき出しとなった未舗装の急勾配の坂道を上がっていくと、山の東側からの道が右から合流し、その先は緩やかな上り勾配となる。



 谷へと続く斜面の中ほどを少し削って作った幅2m程度の小段のような道が、さらに奥へと続いている。次第に谷の幅が狭くなってきて、両側から山が迫ってきて、竹林の中へと入っていく。




 竹林の中はほとんどここへ入ってくる人もいない様子で、笹や雑木に覆われており、それをかき分けながら歩いていく。たけのこを食べるためにイノシシが掘り返した跡が多数ある竹林の中に、斜面の崩壊を防ぐための古い石積みが残っている。



 竹林の奥へと入っていくにつれて、行く手が笹や雑木で覆われており、これをかき分けながら進むのも困難を極める。ついには道もどこだか見出せなくなり、もうすぐ尾根に着くのではと思いながらも、新市町側からの探索も断念して、やむなく引き返すことに。
 もと来た道を車を置いたところまで歩いて帰っていると、先ほどのおばさんが家の前にいて、おばさんから「どうでした?向こうへ出れました?」と声をかけてきた。「いやー、もう道がヤブになっていて駄目でした。」と答えると、「そうじゃろうね。もう20年くらいこの道を通る人は見かけたことがないよ。」とのことだった。おばさんからは、40年くらい前は県道をバイクなどで越えて、新市から峠の集落へと帰る人がいたものの、県道の南側に峠越えの新しい市道が作られたあとは、県道を通る人もいなくなり、現在に至っているとの話を聞いた。


戻る