主要地方道東広島向原線・福富〜向原


 「広島県の酷道・険道」のページでも紹介したとおり、県道東広島向原線は東広島市福富町から安芸高田市向原町の間に車両通行困難な区間がある。以前は車両通行不能区間とされていたこともあり、ここでその通行困難区間の様子を紹介する。



 路面の舗装が途切れ、未舗装・ダートの区間へと入ると、路面は凸凹だらけだが、車のわだちのあとがいくらか残っており、ここを通る車もいくらかはいることが伺える。



 木立の中の坂道を登っていき、前方の視界が開けたかと思うと、進行方向右手の山では、立ち木が伐採されて山肌が見える状態になっている。



 山肌の見える斜面を避けるように左へとカーブを切り、その先で等高線に沿って回りこむように坂道を緩やかな勾配で登っていく。坂道を登りきると切り通しとなっており、道の両側に石積が続く峠の頂上へ到着する。



 石積の上には「豊田郡竹仁村」「高田郡有保村」と刻まれた旧村境を示す石柱が建っている。高田郡有保村は昭和29年に高田郡向原町と高南村に分割・編入されて消滅しており、少なくともそれ以前に建てられたものであることは明らかである。(ちなみに、豊田郡竹仁村は昭和30年に豊田郡久芳村と合併、豊田郡福富町となった。)




 切り通しの区間を抜けると、路面の様子が変わり、新しく砕石が路面に入れられている。また、山側から湧水が出てくる箇所には排水のための横断側溝も新たに設置されている。



 うっそうと茂る林の中を、等高線の凹凸にあわせて左右にカーブを切りつつ、緩やかな勾配で下っていく。



 以前ここを通ったときは、左の写真のように路面を流れる水によりえぐられてしまった状態の箇所もあったが、それから思えばかなりの変わりようだ。途中、山のはるか向こうに今から下りていく向原町保垣の集落がちらりと見える。


 向原側の舗装路の終点にたどり着いたところで、車両通行困難な区間の通り抜けは終了。しかし、ここから先は舗装されているものの、引き続き狭い道幅のまま、舗装の傷んだ箇所もところどころにあり、決して通りやすい道とは言えない。


戻る